Modern Device Gutter

わたしは北海道に住むmizoreと申します。機械と機械と機械が好きです。

「○日までに」の意味、その日は含むのか含まないのか?

f:id:mizorechang:20180217202936p:plain

よくあることです。○日までにお願いしますという話。わたしは学生の時に宿題を○日までにやりなさいと言われると、その日までやらずに宿題をやってきた子からノートを借りて提出する授業まで頑張ってやったりしたもんです。そのような子供時代を過ごしたせいかわかりませんが、大人になってもこのような期日に対して割と無頓着に行動してきたような気がします。特に公共料金やクレジットカードなどの支払い関係はいろいろな方々にご迷惑をおかけしてきました。小さく思えることから誠実に努力することが人としての信頼を培う基盤となるのかもしれません。今一度気を引き締めて気をつけていきたいと思います。

さて、このいつまでやるべきなのかということは多くの人にとって重要な問題になることでしょう。この期日を守れるかどうかで今後の人間関係やビジネスの取引が続いていくかが決まるからです。皆さんだったら○日までにお願いしますと言われたらいつまでが期限だと思いますか?いつも期限ギリギリまでやらなくてはいけないのかと考えるとそれも変な感じはしますが、締め切りを守ることが難しいこともよくあると思います。ギリギリまで作業しても間に合うかどうかということもあるでしょう。

おそらく多くの人は○日までという言葉を到達点と捉えて、当日ギリギリまでが期限なんだなという印象を持たれることでしょう。ちょっと急いでる相手だとしても、ギリギリに終わった時に「あ〜言い方が悪かったんだな」と思うはずです。ただギリギリ目指して上手くいくとは限りません。わたしもそのようなことを何度も経験しました。ギリギリの時間に目覚ましをセットしたら寝坊したり、当日に書類を提出しようと思ったら忘れたり、もしくは作業する時間が全然無くなって完成させることができなかったこともありました。

品質の理想として考えるなら、やはり前もって余裕をもって準備して、前日やもっと前にでも完成させたり提出してしまった方が断然良いです。全てがギリギリよりもクオリティーが高いですし。

f:id:mizorechang:20180217203000j:plain

この早い方が良い、一生懸命やった方が良いとわたしも昔は思っていました。しかし、それは相手にとって必ずしもプラスになるとは限らないのかもしれません。○日までにお願いしますという人の中には、なんとなくの温度感で言ってる人がいるからです。場合によってはなんとなくやっといて欲しい、やったふりのポーズだけでも満足されることがあります。それでどれほどの気持ちで相手が依頼してきたのかを見定めて、相手のニーズに合わせてそれなりに一生懸命やるのが喜ばれるのかもしれません。人によって、また相手によっても変わってきますので何とも言えない話ですが。難しいですね。「○日までに」の意味、いまだにわかるようでわからないです。

AERA(アエラ)増刊 「羽生結弦 ~連覇の原動力~」 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2018/2/19 10:26時点)